スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢く得する「マンション管理」

中古アパート・マンションなどを購入する場合に、よく「管理を買え」という言い方がされます。

中古物件では、特に年数が経てば経つほど管理による違いで「差」がつきます。

つまり、不動産投資では、投資物件を選ぶ場合はもちろん、入居者募集などの「アパート経営」を考えるうえでも、物件の「管理状態」が非常に重要になってきます。

きれいに掃除された廊下や手入れされた植栽など、きちんと手入れされた建物や敷地は管理の質をあらわしています。

また、マンションの管理は目に見える部分だけではありません。管理組合の運営や長期修繕計画の有無など、目に見えない部分も非常に重要です。

→ 賢く得する「マンション管理」の続きはこちら

「不動産投資のリスク」と「大家さんに必須の損害保険」

以前紹介した「不動産投資のリスク対策セミナー」に行ってきました。

暑い中、たくさんの人達がセミナーに参加していて、いい刺激になりました。

不動産投資リスクには、様々なものがありますが、その対策として、「4種類のリスクコントロール」と「2種類のリスクファイナンス」という分類があるそうです。

<4種類のリスクコントロール>
■リスクの回避:リスクが発生する原因を作らないこと

■リスクの予防:リスクの発生確率を減らすこと

■リスクの分散:リスクの同時発生を防いで被害の最大規模を小さくすること

■リスクの軽減:リスクが発生した際の被害の規模を小さくすること

→ 「不動産投資のリスク」と「大家さんに必須の損害保険」の続きはこちら

アパート・マンション経営、大家さんの仕事

不動産投資では、物件管理の良し悪しがアパート・マンション経営の結果に大きく影響してきます。

物件管理については業者さんに丸投げ、という大家さんもいるでしょうが、それでも、アパート・マンション経営の根本となる部分、つまり基本方針については、大家さん自らが決定しておくことが重要です。

●どんな入居者さんに住んでもらいたいのか?
●メンテナンスや退出時の現状回復にかかるコストをどこまでおさえるのか?
●家賃設定をどの水準にするのか?

など、アパート・マンション経営の基本的事項です。

こんなところまで人まかせだと、そもそも「何で不動産投資してるのか」ということになり、アパート・マンション経営する意味がありません。

→ アパート・マンション経営、大家さんの仕事の続きはこちら

不動産投資としての「Jリート投資」

アパート・マンション経営を目指し、あるいはもう実際に大家さんとして活躍されている投資家も多いと思いますが、混迷を極める今の時代、同じ不動産投資といっても視点をちょっと変えて「REIT投資」に注目してみるのはどうでしょうか?

実際の不動産投資と違い、手間がかからないというのもメリットですが、イザという時すぐに売り抜けられるというのも大きなメリットです。

証券化されているので、証券市場で簡単に売買できます。

しかも、株などの配当に比べ、各Jリート銘柄の分配金も安定的で利回りも高めです。

実際の不動産投資よりもレバレッジをかけにくいというデメリットもありますが、ちょっとしたお金の動かし先・運用に困ったときは、定期的な分配金収入を得られるのは助かります。

→ 不動産投資としての「Jリート投資」の続きはこちら

家賃保証会社と不動産投資リスク


大家さんを続けていく上で、避けて通れない不動産投資リスクと言えば家賃滞納です。

賃貸経営を目指す人や不動産ビジネスに関わる人にとって、非常に大きな不安要因です。

一応、入居者さんが支払えない場合の保全として保証人が必要となっていますが、家賃滞納そのものを防止できるかといえば、そうではありません。

また、滞納家賃の回収についても不安要素が残っているので、大家さんの頭を悩ますところです。

アパート・マンションなど建物に対する不動産投資リスクを軽減するには火災保険等がありますが、家賃滞納滞納家賃の回収などの不動産投資リスクについてはどのような対策があるのでしょうか?

滞納家賃やその回収リスクに備えるために多く利用されているのが、家賃保証会社です。

→ 家賃保証会社と不動産投資リスクの続きはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。