スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >火災保険・地震保険

火災保険の基礎知識(「時価額」と「再調達価額」)

火災保険をかける際、建物や家財を評価する基準は2つあります。1つは「時価額」、もうひとつは「再調達価額(新価)」です。保険の目的となる建物や家財の評価額、万が一の際保険会社が支払う最高限度額である「保険金額」をどちらの基準に基づいて設定するかで、事故が起こったときに支払われる金額が変わってきます。「時価額」を基準としている場合、使用年数や使用状態に応じて減価償却した分を差し引いた金額しか支払っても...
→ 火災保険の基礎知識(「時価額」と「再調達価額」)の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >火災保険・地震保険

地震保険の仕組み

アパート・マンション経営の「不動産投資リスク」を考える上では、その発生確率はもちろん、「賃貸経営上、どれ程のダメージになるのか」という視点で、より大きなダメージになるリスクを優先して対処する必要があります。その意味で、地震は、もし起きてしまうとアパート・マンション経営の根本に、取り返しのつかない程のダメージを与える危険性があります。この「賃貸経営上のダメージ」という視点は非常に重要で、地震というリ...
→ 地震保険の仕組みの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >火災保険・地震保険

火災保険の補償内容

アパート・マンション経営など、大家さんになると様々な「不動産投資リスク」と向き合う必要が出てきます。「不動産投資のリスク」の主なものとして●空室●老朽化●滞納●配管破損・漏水●競合物件の建築などがありますが、その他にも数え上げたらきりがありません。その中で、地震や火災、水害などの災害は、確率としては低いかもしれませんが、その規模や対処の難易度からすれば、リスク対策が重要になってきます。そこで、火災保険...
→ 火災保険の補償内容の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。