スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

株式・FXから不動産へ?

東日本大震災の発生からおよそ3カ月が経ち、投資家はリスク分散のために特に不動産に注目しているようです。中でも西日本の物件を物色しているとか?<福岡、名古屋、大阪に拠点を持つインベスターズ(本社:福岡県福岡市)には不動産投資希望者からの問い合わせが殺到している。5月の問い合わせ件数は1800件と前年同月の約20倍。人気のエリアは福岡、名古屋、大阪など西日本に集中している。投資用物件のポータルサイトを...
→ 株式・FXから不動産へ?の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

「高齢者向け住宅」に関する新制度と法改正

高齢者人口の増加予測等もあり、最近特に注目を集めている「高齢者向け住宅」。そんな中、高齢者向け住宅に関する新制度創設などの内容を盛り込んだ高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)の改正案が2月8日、閣議決定されました。高齢入居者を対象とした生活支援サービスを提供する住宅を「サービス付き高齢者向け住宅」と位置付け、登録制度が創設されるようです。新制度が創設されれば、高円賃・高専賃・高優賃...
→ 「高齢者向け住宅」に関する新制度と法改正の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

賃貸オフィスビル空室率が過去最高

米国の商業用不動産市場の低迷も深刻ですが、日本でも賃貸オフィス空室率が過去最高になっているようです。<東京都心の賃貸オフィスビル空室率が過去最高になった。オフィス仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が11日まとめた2月末の都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の空室率(解約予告を含む)は8.66%と前月比0.41ポイント上昇した。六本木ヒルズなど大型ビルの開業でオフィスの供給過剰が「2003年問題」と...
→ 賃貸オフィスビル空室率が過去最高の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

2010年、不動産市場が抱える問題

リーマンショック以降、低迷を続け先行き不透明な状態が続く不動産業界(不動産投資市場)!市場心理の冷え込みもありますが、そこには、様々な問題が隠されているようです。1、団塊世代退職がオフィス市場に与える影響2、不動産証券化商品の大量償還3、いわゆる「ゆとりローン」問題まず、団塊の世代の退職によるオフィススペース需要の減少についてですが、団塊の世代の大量退職をむかえ需要が大きく減少する可能性があると心...
→ 2010年、不動産市場が抱える問題の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

伊藤忠商事、「Mapletree」社と物流施設特化型の共同投資ファンド設立

伊藤忠商事(8001)の株価が、このところ連騰しています。伊藤忠商事株式会社は、Mapletree社(本社:シンガポール)と日本国内の物流施設不動産の開発・保有を目的とする、共同投資ファンドを設立することで、12月4日付で合意したようです。投資対象資産は、日本国内の首都圏及び主要地方都市のBTS型物流施設(運営者(テナント)の希望する立地・建築スペックに基づき、開発するテナント専用の物流施設)で目標資産...
→ 伊藤忠商事、「Mapletree」社と物流施設特化型の共同投資ファンド設立の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

地震保険6年連続で最高更新!保険加入45%に上昇

地震保険の保険料率を算出する損害保険料率算出機構は19日、2008年度の地震保険加入状況の調査結果を発表した。新規に契約された火災保険のうち、地震保険を付帯した割合は全国平均で前年度比0.1ポイント上昇の45.0%。6年連続で過去最高を更新した。都道府県別に見ると、付帯率トップは東南海・南海地震の被害が想定されている高知県(72.6%)。次いで、東海地震が想定される愛知県(63.3%)、近年地震が相次いでいる宮城県...
→ 地震保険6年連続で最高更新!保険加入45%に上昇の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

住宅空き家率、過去最高の13%

総務省が28日発表した2008年10月現在の住宅・土地統計調査結果(速報)によると、全国の総住宅数は03年の前回調査比6.9%増の5759万戸で、このうち空き家は14.6%増の756万戸と、いずれも過去最多となった。総住宅数に占める空き家の比率は0.9ポイント増の13.1%でやはり過去最高。空き家の比率を都道府県別に見ると、山梨(20.2%)や長野(19.0%)など地方で高く、神奈川(10.5%)や埼玉(10.6...
→ 住宅空き家率、過去最高の13%の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

中古住宅に新保険制度

政府は中古住宅の売買を活発にするため、来年度にも新しい保険制度をつくる検討に入った。保険に加入すると、買ってから5年以内に雨漏りなどの欠陥がみつかれば、かかった補修費用を最高1000万円まで支払う。保険を普及させ、中古住宅の品質への不安を和らげる。良質な中古住宅の流通を促して住宅購入で新築以外の選択肢を広げ、住環境の改善につなげる。耐震偽装事件を受け、政府は10月から新築住宅の売り主に保険加入(供...
→ 中古住宅に新保険制度の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

新築オフィス空室率上昇

新築オフィスビル(開業一年未満)の空室率が東京、大阪など都心部で軒並み急上昇しているようです。『景気悪化でオフィスの縮小や賃料の安いビルへの移転が増え、割高な新築物件が敬遠されている。大阪では2009年にオフィス供給量がピークを迎え、値引きにによるテナントの獲得競争が激しくなりそうだ。...
→ 新築オフィス空室率上昇の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

上場企業の倒産、最多に(不動産関連が半数)

民間調査会社の帝国データバンクが一日に発表した調査によると、2008年度の上場企業の倒産は45件と件数ベースで戦後最悪となっています。『世界的に信用収縮が深刻化した9月以降、企業への資金が細り民事再生法の適用申請などが急増した。今まで戦後最多だった02年度の22件を大幅に更新した。倒産の半数以上の23件が不動産関連だった。資金調達環境の悪化に加え、不動産市況の低迷で物件の売却も進まなくなり資金繰り...
→ 上場企業の倒産、最多に(不動産関連が半数)の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

不動産ファンド国内市場、初の縮小

不動産ファンドの国内市場規模が縮小してきているようです。『投資家から資金を集めてビルなど不動産に投資・運用する不動産ファンドの国内市場規模が頭打ちになってきた。2008年12月末時点の市場規模は20兆6千億円と、昨年6月末から1%減少。現在も横ばい圏で推移しているとみられる。金融危機の長期化で投資マネーが流入しにくいためで、不動産開発も滞りそうだ。住信基礎研究所が国内主要ファンドの保有資産規模を調...
→ 不動産ファンド国内市場、初の縮小の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

不動産会社アトリウム、セゾンの完全子会社に

カード大手のクレディセゾンは25日、東証一部上場の連結子会社で不動産流動化などを手掛ける不動産会社、アトリウムを完全子会社化する方向で最終調整に入ったようです。『アトリウムは不動産市況の悪化で業績が低迷、多額の在庫を抱えて資金繰りも厳しくなっている。上場廃止を機にセゾンは同社を資金・人材面で支援し、アトリウムの経営再建を目指す。セゾンはアトリウムの増資の引き受けや株式交換による完全子会社化を軸に調...
→ 不動産会社アトリウム、セゾンの完全子会社にの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

パシフィックホールディングス破綻の影響

3月10日、パシフィックホールディングス(PHI)が会社更生手続を申請したのに伴い、日本レジデンシャル投資法人及び日本コマーシャル投資法人は経営状況に直接的な影響はなく、上場は維持される旨を発表しました。両投資法人とPHIとは別法人であり、資産も完全に分別して保管されていることから、PHIの経営状況の影響を直接受けることはないとしています。...
→ パシフィックホールディングス破綻の影響の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

マンション勧誘「逆ギレ商法」横行

最近、性質の悪いマンション勧誘「逆ギレ商法」が横行しているようです。『脅迫まがいの悪質な電話勧誘で、マンション購入をしつこく迫る業者への苦情が急増し、愛知県内では昨年12月現在、相談件数が131件で前年同期の約1・5倍に上っていることがわかった。きっぱり断ると“逆ギレ”したり、嫌がらせをしたりするケースも目立ち、中には暴力を振るう業者もあるという。国民生活センターによると、2007年度の相談件数は全...
→ マンション勧誘「逆ギレ商法」横行の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース

パシフィックホールディングスが会社更生法の適用申請!

経営再建中の不動産ファンド大手、パシフィックホールディングスは10日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。負債総額は2700億円程度とみられる。不動産不況で2008年11月期に債務超過に陥った同社は中国企業の資本支援をあおぎ再生を目指したが、出資の合意を得られなかった。銀行からの支援も難しくなったため、自力再建断念に追い込まれた。(以上、NIKKEI NETより)パシフィックホールディングス(8902)は、日本レジデンシ...
→ パシフィックホールディングスが会社更生法の適用申請!の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。