スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

不動産投資としての「Jリート投資」

アパート・マンション経営を目指し、あるいはもう実際に大家さんとして活躍されている投資家も多いと思いますが、混迷を極める今の時代、同じ不動産投資といっても視点をちょっと変えて「REIT投資」に注目してみるのはどうでしょうか?実際の不動産投資と違い、手間がかからないというのもメリットですが、イザという時すぐに売り抜けられるというのも大きなメリットです。証券化されているので、証券市場で簡単に売買できます...
→ 不動産投資としての「Jリート投資」の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT、生損保が大幅買い越し

不動産投資信託(REIT)に対する国内の投資意欲は、このところ限定的な感じが続いていましたが、生保・損保が2カ月連続で大幅に買い越しているようです。<東京証券取引所が15日発表した1月の不動産投資信託(REIT)の投資主体別売買動向によると、生保・損保が110億円と大幅に買い越した。買い越しは2カ月連続。買越額は東証が統計を公表している2003年4月以降で最大だった。銀行は5カ月ぶりに売り越したが...
→ REIT、生損保が大幅買い越しの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

Jリート投資、市場低迷で投資チャンス?

J-REIT(上場不動産投資信託)は、世界的不況や不動産市況の低迷から市場も冷え込んだ状態が続いています。リーマン・ショック以降の景気悪化で、不動産賃料の下落やオフィス空室率が上昇。また銀行が不動産関連融資を控えているため、資金繰りに窮している状況が続いたままです。Jリート市場は、東証REIT指数(2003年=1000)が2009年11月27日に814.88ポイントをつけて安値を記録。11月下旬に...
→ Jリート投資、市場低迷で投資チャンス?の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

「アパート・マンション経営」VS「REIT投資」

長引く不況と将来や年金に対する不安が高まる中、景気動向に左右されず根強い人気がある不動産投資!「アパート・マンション経営」など、実物不動産への投資も注目を集める中、REIT(不動産投資信託)やREITを投資対象とするREITファンドを利用した投資など、その投資・資産運用方法も多様化してきています。REITは半年ごとに配当が支払われるので、仮に決算期の異なる6本を購入すれば、毎月の安定した収入につなが...
→ 「アパート・マンション経営」VS「REIT投資」の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT分配金、今後は下落傾向?

REIT投資を考えている投資家の多くは、もちろん「分配金」が主要な目的でしょう。しかし、オフィス空室率の上昇や賃料の急激な下落などから、最近のREITは分配金見通しの下方修正が目立っているようです。業界最大手の「日本ビルファンド」の1口当たり分配金は、前期実績(09年6月期)の2万1775円に対し、今期(09年12月期)は1万8500円、来期(10年6月期)は1万6100円の予想。この国内REIT...
→ REIT分配金、今後は下落傾向?の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

ニューシティ・レジデンス投資法人とビ・ライフ投資法人が合併で合意

このところ、落ち着きを取り戻しつつあるREIT相場ですが、経営破綻したニューシティ・レジデンス投資法人とビ・ライフ投資法人が合併で基本合意に至ったようです。<経営破綻したニューシティ・レジデンス投資法人(以下、NCR)の再生支援を表明していた大和ハウス工業とその傘下のビ・ライフ投資法人は9月18日、ビ・ライフとの合併を含む再生支援でNCRと合意したと発表した。2010年4月ころの合併をめざす。...
→ ニューシティ・レジデンス投資法人とビ・ライフ投資法人が合併で合意の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT支援の官民ファンド、40社が300億円出資

不動産投資信託(REIT)の資金繰りを支援するため9月中に官民が設立する「不動産市場安定化ファンド」に対し、民間企業約40社が300億円規模で出資することが25日、分かった。出資企業には三井不動産など大手不動産会社のほか金融機関などが含まれており、不動産市場の正常化に向けREIT関連企業の多くが参加する。安定化ファンドは4500億円規模を想定。このうち借入金で約3600億円、日本政策投資銀行からの...
→ REIT支援の官民ファンド、40社が300億円出資の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

日本レジデンシャル投資法人とアドバンス・レジデンス投資法人の合併が基本合意

2009年3月に経営破綻したパシフィックホールディングス傘下の日本レジデンシャル投資法人と、伊藤忠商事傘下のアドバンス・レジデンス投資法人は8月6日、合併することで基本合意したと発表した。REIT(不動産投資信託)の投資法人同士の合併は、初めてのケースとなる。2009年9月に合併契約を結ぶ予定だ。合併比率はアドバンス・レジデンス1に対して日本レジデンシャル0.66となる。資産運用会社も合併する。 合...
→ 日本レジデンシャル投資法人とアドバンス・レジデンス投資法人の合併が基本合意の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT、初の合併

3月に経営破綻した不動産ファンド大手、パシフィックホールディングス傘下の不動産投資信託(REIT)に対し、伊藤忠商事が買収に乗り出すことが24日、分かった。買収後、伊藤忠は自社系列のREITと合併させる方針で、国内最大規模の住宅系REITが誕生する。REITの合併は国内で初めて。金融危機後のREITの経営悪化を受け、政府は合併を後押しする政策を打ち出しており、合併によるREITの再編が本格化しそう...
→ REIT、初の合併の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

銀行保有のREIT買い取り

「銀行等保有株式取得機構」の買い取り対象を上場不動産投資信託(REIT)に広げる改正銀行株式保有制限法が26日、参院本会議で可決、成立した。金融庁は将来の国民負担を最小にするため、格付けの低いREITを買い取り対象から外す方針。政府・与党が検討している「官民ファンド」のREIT支援にも影響を与えそうだ。改正法は機構の買い取り対象を上場投資信託(ETF)、優先株にも拡大。金融庁は関連の政省令などを改...
→ 銀行保有のREIT買い取りの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

大和証券、REITを傘下に

大和証券グループ本社が大手不動産ファンドのダヴィンチ・ホールディングス系列の不動産投資信託(REIT)に100億円を出資し、傘下に収める。同時に同REITの運用会社をダヴィンチから数十億円で買収。昨年からの価格急落により、不動産市況が割安圏に入ったと判断。REITの運用や販売などの不動産ビジネスに本格参入し、収益源に育てる。...
→ 大和証券、REITを傘下にの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

J-REIT、不動産取得急減!

上場不動産投資信託(REIT)が物件の新規取得を見送っている。2009年上期(1~6月)の購入額は、前年同期比8割減の約1290億円にとどまり、半期ベースではREIT市場が本格的に立ち上がった03年以降で最低となる。企業の資金調達は緩やかな改善の兆しが見られるが、金融危機の影響が強く残る不動産市場では購入資金の手当ては進んでいない。市況の本格的回復は下期以降になりそうだ。...
→ J-REIT、不動産取得急減!の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

J-REITの銘柄区分と注意点

J-REITの上場銘柄数は、現在41銘柄です。J-REITの銘柄区分と投資判断の注意点についてまとめてみます。1、『スポンサー企業』による区分→スポンサー交代の可能性に注意●大手企業系 ・財務安定性が高い ・分配金利回りが低い●外資系 ・運営ノウハウは高い ・金融機関の警戒感強い●新興企業系 ・財務安定性が低い ・分配金利回りが高い...
→ J-REITの銘柄区分と注意点の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT売買、金融機関売り越し

景気低迷の影響もあり、J-REIT市場全体の資金規模に変化があるようです。『東京証券取引所が14日発表した不動産投資信託(REIT)の投資部門別売買状況によると、2008年度は金融機関が約260億円の売り越しとなった。金融不安を背景にREIT相場の下落が続き、保有する投資口(株式に相当)を損失覚悟で売却する動きが出たようだ。外国人は約140億円の買い越しだったが、買越額は07年度から大きく減少。一...
→ REIT売買、金融機関売り越しの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

政府がREITの合併促す

政府は優良な上場不動産投資信託(REIT)が、資金繰りの厳しい不振REITを吸収合併することを後押しする。財務省は4月から、これまで不透明とされてきた合併の際にかかる課税条件を明確化。金融庁もREITの合併手続きを支援する。与党が3月末にまとめた政府資金によるREIT支援策とは別に、民間主導による経営破綻の回避を側面支援する。REITは一般企業と異なり、利益の9割超を配当して投資家に還元することを...
→ 政府がREITの合併促すの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

破綻REIT「ニューシティ」米ファンドが買収

不動産投資信託(REIT)で初めて破綻したニューシティ・レジデンス投資法人が米大手投資ファンドのローンスターを再生支援企業(スポンサー)に選定することが、6日分かったようです。4月7日付けの日経新聞によると『ローンスターは負債の引き継ぎを含め約1200億円でニューシティを買収し、5年後の再上場をめざす。昨秋以降、国内の不動産市況が急速に悪化するなかで難航していた再建計画がようやく動き出す。...
→ 破綻REIT「ニューシティ」米ファンドが買収の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

J-REIT投資実践セミナー

J-REIT投資実践セミナーに参加してきました。内容は大きく分けて、「J-REIT投資の基礎編」と「J-REIT投資の実践編」でした。限られた時間の中でJ-REIT全般にわたる内容だったので、詳細な解説という感じではありませんでしたが、それぞれ知らないことも多く、全体の流れが理解できたので、これからの投資・資産運用に活かしていきたいと思っています。...
→ J-REIT投資実践セミナーの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT合併のリスク

政府が、税制や制度面で合併の障害を取り除き、不動産投資信託(REIT)の合併を促しているようです。『REITはのれん代がマイナスになるとき、配当原資から控除できないことが合併が起きない一因だった。2009年度税制改正で配当控除を認めた。合併促進の狙いはREITの低迷脱却だ。REITは借り入れで規模を膨らまし不動産を購入、目いっぱい値上がり益を狙った。ところが不動産価格が下がり、規模を膨らませた投資...
→ REIT合併のリスクの続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT支援へ官民基金

REIT支援のため、官民共同で投資ファンドを設立する方向で与党が資金規模を1兆円程度で検討しているようです。3月27日の日本経済新聞、朝刊トップに以下のような記事がありました。『与党は金融危機の影響で資金繰りが厳しくなっている不動産投資信託(REIT)を支援するため、官民共同の投資ファンドを設立する方向で検討に入った。日本政策投資銀行や、ゆうちょ銀行の資金を活用することも視野に入れる。...
→ REIT支援へ官民基金の続きはこちら
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資

REIT!超実践入門セミナー in 大阪

これまでも、このブログでREITについて取り上げてきましたが、今度、大阪でREITに関する入門セミナーが開催されます。ファイナンシャルアカデミー主催で、日時は、2009年4月4日(土) 14:30-16:30開催場所は大阪・谷町6丁目です。私も基礎から学んでみようと思い、このセミナーに参加することにしました。講師は、J‐REIT(日本版不動産投資信託)最新格付けデータブックの著者でもある、関大介氏です。...
→ REIT!超実践入門セミナー in 大阪の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。