スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/10-ce18d85a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資家になる準備 >>不動産投資の法則「100:10:3:1の法則!」

不動産投資の法則「100:10:3:1の法則!」

「100:10:3:1の法則」とは、100件の物件を見て、そのうち10件の物件に
買付証明書を入れ、そのうち3件の物件に融資の手配をすれば、最終的には
1件を購入できるだろうという「不動産投資の法則」です。

不動産投資を検討している多くの人が、数件の物件しか見ないで購入を試みて、
結局うまくいかず「難しい、面倒だ!」といって不動産投資を諦めてしまいます。

しかし、忘れてならないのは、「不動産投資は数のゲームだ!」ということです。

「1件の物件を購入するために100件の物件を見る」というこの考え方は、
以前、紹介をしたドルフ・デルース氏の著書の中に書かれています。

この考え方は、私も含め多くの人にとってキツイことです。やり遂げるには
忍耐を要します。

スポンサードリンク
なぜ、多くの物件を見ることがそれほど大切なのかといえば、出回っている物件
を見ていく過程で、何が標準なのかが直感的にわかるようになるからです。

では、「物件を見る」とはどういうことなのか?

ドルフ・デルース氏によれば、「物件を見る」とは「なぜその物件を購入したいか、
あるいはパスしたいかを説明できる程度に評価する」という意味だそうです。

物件を見ていくうちに、自分の中に不動産投資の基礎をつくりあげ、直感を磨き、
知識を積み上げていく。

10件の物件を見た頃には、自分の求めているものがある程度はっきりと見えてくる、
30件の物件を見た頃には、優良な投資物件の感覚がわかってくる、50件の物件を
見た頃には、自分の条件をほぼ満たしてくれる物件のいくつかと出会って、わくわく
し始めているかもしれません。

金持ち大家さん」を目指すなら「不動産投資は数のゲームだ!」ということを
忘れないようにしましょう!


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/10-ce18d85a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。