スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >「大家さん」入門 >>アパート・マンション経営、大家さんの仕事

アパート・マンション経営、大家さんの仕事

不動産投資では、物件管理の良し悪しがアパート・マンション経営の結果に大きく影響してきます。

物件管理については業者さんに丸投げ、という大家さんもいるでしょうが、それでも、アパート・マンション経営の根本となる部分、つまり基本方針については、大家さん自らが決定しておくことが重要です。

●どんな入居者さんに住んでもらいたいのか?
●メンテナンスや退出時の現状回復にかかるコストをどこまでおさえるのか?
●家賃設定をどの水準にするのか?

など、アパート・マンション経営の基本的事項です。

こんなところまで人まかせだと、そもそも「何で不動産投資してるのか」ということになり、アパート・マンション経営する意味がありません。

スポンサードリンク


しかし、実際の物件管理や、その水準の決定となると、そう簡単にはいかないことも多くあります。

「今、この家賃じゃ入居者さんが決まりません」
「この間取りは、最近人気がありません」

などと業者さんに言われれば、
「リフォームにお金をかけて、家賃も下げないと・・・」
と思ってしまいます。

入居者さんは、設備が充実した部屋がいいでしょうし、仲介不動産業者さんは、決まりやすい物件がいいでしょう。

しかし、最終的に決断するのは、大家さん自身です。

入ってもらいたい入居者さんをイメージしながら、家賃のことも計算に入れてコストを考えてください。

最終的に、その部屋の入居を決めてくれる人が一人でもいて、その家賃に見合うコストなら、それでいいのです。

それから、私の経験上、部屋に入居者さんをつけてくれる仲介業者さんには、偏りがあります。

これは、部屋の鍵を預けて案内してもらう件数と実際の契約決定件数をみれば一目瞭然です。

実際どうかは、わかりませんが、お世話になっている業者さんによると、中には、自分が決めたい物件に案内する前に、条件の劣る物件に案内してから、本命の物件に案内するという、大家さんにとって不誠実な業者もいるとのこと(いわば当て馬物件として利用?)・・・

心当たりのある大家さんは、気をつけて下さい。契約に至らなかった場合でも、何がダメだったか、毎回報告をもらうようにするのもいいかもしれません。

いずれにしろ、最終的な責任は、大家さん自身にあるので、こうしなければいけないという世間の常識に縛られる必要はありません。

自分のイメージに沿って、自分のやりたいようにできるというのが、不動産投資のおもしろいところです!



スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。