スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/16-0920d3a2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資 >>REIT、3割が含み損

REIT、3割が含み損

不動産投資信託(REIT)が保有する不動産の資産価値
目減りしている、と今日の日経新聞朝刊の記事にありました。

「不動産市況の悪化を受け、2008年下期(7月~12月)
の決算期末で12銘柄が鑑定評価額が簿価を下回り含み損
を抱えた。上場REIT全41銘柄の約3割に達し、マンション
を運用する銘柄に多い。含み損は将来の損失計上につながり
かねず、REIT相場の重しとなっている」とのこと。

08年上期(1~6月)は含み損のあるREITは8銘柄でしたが
半年間で5割増えたようです。
(みずほ証券の調査などを基に集計)
スポンサードリンク
含み損が増えたのは、景気悪化で空室が増えるなどして、
物件の収益力が今後低下する懸念があるためで、
日本レジデンシャル投資法人などマンションの運用REIT
の評価が相対的に低いようです。

みずほ証券の並木幹郎不動産アナリストは
「マンションはオフィスビルに比べ、築年数の経過とともに
収益力が落ちやすい」と指摘、地方の物件が多いことも
影響しているとのこと。

上位10銘柄のうち6銘柄が含み損を抱え、資金調達難から
物件売却で資金を工面するケースが増えており、含み損が
売却損となって期間収益が悪化するリスクを投資家が警戒
しているとの見方もあるようです。

目先の利益を狙っている投資家にとって、このところの
経済状況は大変厳しいですが、中長期で資産運用を考えて
REITに注目している不動産投資家にとっても、最近の
投資環境は、非常に難しい局面が続いています。

各REITの投資口価格(株価に相当)の下落を考えると、
投資利回りの高低だけで投資判断するのは、やはりリスクが
大きいように思えます。

尚、投資はくれぐれも自己責任でお願いします。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/16-0920d3a2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。