スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/27-a4e5d169

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース >>不動産ファンド国内市場、初の縮小

不動産ファンド国内市場、初の縮小

不動産ファンドの国内市場規模が縮小してきているようです。

『投資家から資金を集めてビルなど不動産に投資・運用する不動産ファンドの
国内市場規模が頭打ちになってきた。

2008年12月末時点の市場規模は20兆6千億円と、昨年6月末から1%減少。
現在も横ばい圏で推移しているとみられる。
金融危機の長期化で投資マネーが流入しにくいためで、不動産開発も滞りそうだ。

住信基礎研究所が国内主要ファンドの保有資産規模を調査した。
同調査は04年末から半年ごとに実施しており、前回調査から市場規模が減少する
のは初めて。
スポンサードリンク
内訳では公募の不動産投資信託(REIT)が7兆4千億円と前回から横ばい
だった一方、機関投資家から資金を募る私募ファンドは13兆2千億円と2%
減少した。』

(4月1日の日経新聞夕刊より)

昨年からのサブプライムローンに端を発する金融危機の長期化と景気低迷は、
これからも、しばらく日本の不動産市場に影を落としそうです。
この「不動産ファンドの国内市場規模縮小」というニュースは、大きな意味で
「お金や資金の流れ」という点で不動産市場全体に少なからず影響を与えるので
注意が必要です。

ただ、個人投資家にとっては、市場参入のチャンス、割安物件を見つけるチャンス
かもしれないので、引き続き不動産の投資環境、物件情報を注意深く見ていく必要が
あるように思います。

家賃相場も下落傾向ににあり、最新設備を備えた新築物件より家賃を低く抑えた
中古物件の方が、かえって入居者からの要望が多い、という情報もあるので、
見方を変えるとチャンスが拡がるかもしれません。

尚、投資・資産運用はくれぐれも自己責任でお願いします。

★よく閲覧してもらっています!有難うございます。
パシフィックホールディングスが会社更生法の適用申請!
J-REITの基礎知識と投資メリット
REIT、3割が含み損
ガレージハウスで悪立地克服!
投資用不動産「儲かる」リフォームって?
中古ワンルーム投資が注目?
REIT支援へ官民基金
REIT合併のリスク


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/27-a4e5d169

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。