スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/30-eefe3ff9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース >>上場企業の倒産、最多に(不動産関連が半数)

上場企業の倒産、最多に(不動産関連が半数)

民間調査会社の帝国データバンクが一日に発表した調査によると、2008年度の
上場企業の倒産は45件と件数ベースで戦後最悪となっています。

『世界的に信用収縮が深刻化した9月以降、企業への資金が細り民事再生法の
適用申請などが急増した。今まで戦後最多だった02年度の22件を大幅に更新した。

倒産の半数以上の23件が不動産関連だった。
資金調達環境の悪化に加え、不動産市況の低迷で物件の売却も進まなくなり
資金繰りが詰まる例が相次いだ。
アーバンコーポレイションやモリモトなど、直近の本決算で最終損益が黒字だった
企業の倒産も21件に及んだ。』
(4月2日の日経新聞より)
スポンサードリンク
企業の倒産が増加すると、やはり投資家心理が冷え込み株式市場でも株価の上値が
抑えられます。

中でも、不動産関連企業の倒産が急激に増加している印象が大きく、
「今後もこの流れが続くんじゃないか?」という投資家心理が、不動産市況の低迷や
J-REIT市場の下落に大きな影響を与えています。

最近は、株式市場で上昇傾向が続いていますが、「積極的な買い」という感じでは、
まだまだありません。
むしろ、「公的年金による消極的な買支え」という印象が強く、投資家にとっては
不安定な状況が今後も続きそうです。

引き続き、世界的経済状況や今後の相場展開に注視する必要がありそうです。

尚、投資・資産運用はくれぐれも自己責任でお願いします。

★よく閲覧してもらっています!有難うございます。
パシフィックホールディングスが会社更生法の適用申請!
J-REITの基礎知識と投資メリット
REIT、3割が含み損
ガレージハウスで悪立地克服!
投資用不動産「儲かる」リフォームって?
中古ワンルーム投資が注目?
REIT支援へ官民基金
REIT合併のリスク


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/30-eefe3ff9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。