スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/35-07c7d331

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >「大家さん」入門 >>アパート経営と景気低迷

アパート経営と景気低迷

世界的景気低迷がアパート経営する「大家さん」にも影響してきているようです。

不動産売買など取引価格に影響するのはもちろんですが、入居者の要望など
住居関係の賃貸契約にも徐々に影響してきているようです。

これまで、新築物件や最新設備を整えた物件は、賃貸物件の中でかなり有利で、
競争力があるとされてきました。

しかし、この不況で入居者の関心は、設備より価格、つまり
「家賃をいかに安く抑えられるか!」
ということに移ってきているように感じます。

スポンサードリンク
最近、私の周りでも突然、アパートに空室が出ました。

少し古いアパートで、家賃も安いファミリータイプの2DKの物件だったんですが、
4月に入っていたので、次の入居者さんが決まるのは、もう少し先になるだろうと
思い、業者さんにも次の入居者さんの募集をお願いしていました。

「シーズンも過ぎて、なかなか次の入居者さんは決まらないでしょうねぇ~?」
と業者さんにきいたところ、
「今は、このタイプの家賃の安い物件が供給不足で、すぐに次の入居者さんが
決まりますよ」とのこと。

「本当かなぁ~」と思っていると、改装も終わらないうちに内見者があり、
すぐに次の入居者さんが決まってしまいました。

前の入居者さんから部屋の引渡しが済んで、数日しかたっていません。

確かに立地はいい物件なのですが、最近その周辺には新築物件が数多く建設
されていたので、正直ビックリしました。

業者さんによると、
「コストをかけるより、その分、家賃を下げて部屋を貸してくれる方が、
入居者さんは喜ぶ」ということでした。

つい数年前までは、コストをかけても同じタイプの物件になかなか入居者さんが
決まらなかったことを考えると、
「不況の影響はこんなところにも出るのか」と複雑な気分です。

不動産投資、アパート経営も視点を見直すとチャンスが拡がるかもしれません。





スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/35-07c7d331

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。