スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/59-3ef8cadf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース >>住宅空き家率、過去最高の13%

住宅空き家率、過去最高の13%

総務省が28日発表した2008年10月現在の住宅・土地統計調査結果(速報)
によると、全国の総住宅数は03年の前回調査比6.9%増の5759万戸で、
このうち空き家は14.6%増の756万戸と、いずれも過去最多となった。

総住宅数に占める空き家の比率は0.9ポイント増の13.1%でやはり過去最高。

空き家の比率を都道府県別に見ると、山梨(20.2%)や長野(19.0%)など
地方で高く、神奈川(10.5%)や埼玉(10.6%)など大都市圏は比較的低い。

同省統計局は「住宅が余っている上、独居高齢者の入院などによる空き家
増えた」と分析している。(7月28日時事通信)

スポンサードリンク
不動産投資やアパート・マンション経営においても「資産の組み換え」など、
中長期的に考えて、投資・資産運用する必要性がますます高まってきています。

J-REIT投資でもそうですが、「投資用途」や「地域構成」によるリスクも
見直す必要があるようです。

用途リスクの分散や用途別の比率を考えながら、地域構成についても注意が
必要です。

これらについては、「大家さん」が常に頭を悩ますことかもしれませんが、最近
の世界同時不況による物件価格の下落を考えると、逆にいえば、「資産の
組み換え」や「物件構成の見直し」をするには、いいタイミングといえるのか
もしれません。

世界的不況と円高で、投資対象も日本に限らず、世界中の物件を対象に準備
している大家さんも少なくないかもしれません。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/59-3ef8cadf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。