スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >セミナー情報 >>「不動産投資のリスク」と「大家さんに必須の損害保険」

「不動産投資のリスク」と「大家さんに必須の損害保険」

以前紹介した「不動産投資のリスク対策セミナー」に行ってきました。

暑い中、たくさんの人達がセミナーに参加していて、いい刺激になりました。

不動産投資リスクには、様々なものがありますが、その対策として、「4種類のリスクコントロール」と「2種類のリスクファイナンス」という分類があるそうです。

<4種類のリスクコントロール>
■リスクの回避:リスクが発生する原因を作らないこと

■リスクの予防:リスクの発生確率を減らすこと

■リスクの分散:リスクの同時発生を防いで被害の最大規模を小さくすること

■リスクの軽減:リスクが発生した際の被害の規模を小さくすること

スポンサードリンク

<2種類のリスクファイナンス>
■リスクの保有:リスクが発生した場合の被害額を自分で支払うこと

■リスクの転嫁:リスクが発生した場合に、他社に肩代わりしてもらうこと

この中で「保険への加入」は、「リスクの転嫁」になります。

4つのリスクコントロール、2つのリスクファイナンスを、規模と確率、対処の難易度に応じて、それぞれの「リスク」ごとに使い分けることが大切になるようです。

また、「大家さんに必須の損害保険」も紹介されていたので、参考までに載せておきます。

■施設賠償責任保険:賃貸物件の所有・使用・管理の過失が原因で、第三者(入居者を含む)に損害を与えてしまった場合に、賠償を肩代わりする保険。

■家賃担保特約:火災保険の支払事由に該当する損害を被った時に、復旧までの家賃の遺失分を補償してくれる保険。火災保険の特別約款として、セットで加入する。

この他にも、いろいろ参考になりましたが、これまで私は、不動産投資リスク、特に「火災保険」について、意識が低かったので、このセミナーをきっかけにもう一度見直してみようと思っています。


★関連記事!
地震保険の仕組み
「不動産投資リスク」対策セミナー
地震保険6年連続で最高更新!保険加入45%に上昇
不動産投資リスク


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。