スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/66-6ec5836a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >火災保険・地震保険 >>火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

アパート・マンション経営など、大家さんになると様々な「不動産投資リスク
と向き合う必要が出てきます。

「不動産投資のリスク」の主なものとして
●空室
●老朽化
●滞納
●配管破損・漏水
●競合物件の建築
などがありますが、その他にも数え上げたらきりがありません。

その中で、地震や火災、水害などの災害は、確率としては低いかもしれません
が、その規模や対処の難易度からすれば、リスク対策が重要になってきます。

そこで、火災保険の補償内容について簡単にまとめてみました。

<各社共通の「総合保険」の補償内容>
●火災・落雷・爆発・風災による損害の補償
●水害、他物の衝突、給排水設備からの漏水
●労働争議、騒擾などによる暴行・破壊

【水害についての注意】
一般的な総合保険では、水害保険金の適用条件や、支払保険金に制限が
あります。床下浸水や被害が少額の場合は対象にならないほか、損害額
全部が支払われる訳ではありません。

スポンサードリンク
<各社オリジナルの「ハイグレード商品」について>
●水害の保険金を、削減なしで支払い
●エアコンや給排水設備の故障
●庭木の火災、盗難、破損など
●水道管が凍結破損した時の修理費用
●近隣の住居を類焼させてしまった場合の補償
●事故の復旧に必要な調査費用を補償
●建物の破損など、偶然性の高い事故全般

※保険会社によって補償内容に違いがあります。
※保険料も各社違いますが、総合保険の15%増し程度です。

以上、以前紹介した「不動産投資のリスク対策セミナー」講義内容からの一部
抜粋です。

火災、水害などの災害は、確率としては低いかもしれませんが、被害に遭うと
その被害額も甚大になる可能性があるので、「リスク対策」がより重要になって
きます。

火災保険について、その補償内容などに不安がある人は、投資物件に限らず
マイホーム物件に関しても、契約内容などを一度、見直してみると安心かも
しれません。

★関連記事!
地震保険の仕組み
「不動産投資のリスク」と「大家さんに必須の損害保険」
地震保険6年連続で最高更新!保険加入45%に上昇
「不動産投資リスク」対策セミナー


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/66-6ec5836a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。