スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/68-73c0242a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資 >>ニューシティ・レジデンス投資法人とビ・ライフ投資法人が合併で合意

ニューシティ・レジデンス投資法人とビ・ライフ投資法人が合併で合意

このところ、落ち着きを取り戻しつつあるREIT相場ですが、経営破綻した
ニューシティ・レジデンス投資法人とビ・ライフ投資法人が合併で基本合意
に至ったようです。

<経営破綻したニューシティ・レジデンス投資法人(以下、NCR)の再生支援
を表明していた大和ハウス工業とその傘下のビ・ライフ投資法人は9月18日、
ビ・ライフとの合併を含む再生支援でNCRと合意したと発表した。

2010年4月ころの合併をめざす。

スポンサードリンク
合併方式は、ビ・ライフを存続法人とし、NCRを消滅法人とする吸収合併方式
を基本とする。NCRの投資口1口に対して、ビ・ライフの投資口を0.23口割り
当てる。

合併にあたっては、60億円の第三者割当増資を実施する計画だ。

割当先は大和ハウスのほか、国内の投資家を加える方向で検討が進んでいる。
払込期日は2010年1月をめどとし、1口あたり5万円で12万口を発行する。>

(日経不動産マーケット情報より)

2009年8月には、経営破綻したパシフィックホールディングス傘下の日本
レジデンシャル投資法人と伊藤忠商事傘下のアドバンス・レジデンス投資法人
が、合併で基本合意していますが、REIT(不動産投資信託)の投資法人が
合併に向けて合意に至った事例は、今回が2例目となります。

REIT本体の資金繰り不安や設立母体(スポンサー)の経営問題など、懸念
材料が徐々に後退し、価格変動が落ち着いてくれば、利回りに着目する機関
投資家などの買い意欲が回復してくるかもしれません。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/68-73c0242a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。