スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/72-ac336965

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >火災保険・地震保険 >>火災保険の基礎知識(「時価額」と「再調達価額」)

火災保険の基礎知識(「時価額」と「再調達価額」)

火災保険をかける際、建物や家財を評価する基準は2つあります。

1つは「時価額」、もうひとつは「再調達価額(新価)」です。

保険の目的となる建物や家財の評価額、万が一の際保険会社が支払う
最高限度額である「保険金額」をどちらの基準に基づいて設定するかで、
事故が起こったときに支払われる金額が変わってきます。

「時価額」を基準としている場合、使用年数や使用状態に応じて減価償却
した分を差し引いた金額しか支払ってもらえません。

つまり、時の経過と共に減価していく部分が考慮されて評価されるため、
その分、支払われる金額も少なくなる可能性があります。

スポンサードリンク
これに対し「再調達価額」を基準としていれば、同等のものを新品で取得
するために必要な金額が支払われます。

そのため、2つの評価基準で保険料に多少の相違がでてきます。

保険会社によって補償内容に違いがありますが、最近の各保険会社の
火災保険商品は、特約を付けなくても「再調達価額」基準となるものも
多くなっているようです。

賃貸経営上のダメージ」という視点で、より大きなリスクを優先して対処
する必要性を考えると、この2つの評価基準の違いにも気をつけておく
必要があります。

物件購入時に加入したまま一度も見直したことがないという人は、「時価額」
を基準としたままになっているケースも考えられるので、是非一度確認して
みてください。

万が一の際、受け取ることのできる保険金に差が出るかもしれません。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/72-ac336965

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。