スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/78-cf51aeb6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資 >>REIT分配金、今後は下落傾向?

REIT分配金、今後は下落傾向?

REIT投資を考えている投資家の多くは、もちろん「分配金」が主要な目的でしょう。

しかし、オフィス空室率の上昇や賃料の急激な下落などから、最近のREITは分配金見通しの下方修正が目立っているようです。

業界最大手の「日本ビルファンド」の1口当たり分配金は、前期実績(09年6月期)の2万1775円に対し、今期(09年12月期)は1万8500円、来期(10年6月期)は1万6100円の予想。

この国内REITの分配金見通しの下方修正が、投資家や市場参加者の心理を冷やしマネーの流れが減退、さらに一段の投資口価格の下落、という悪循環も否定できません。

スポンサードリンク
オフィス業界全般を見ると、解約予告(退去6カ月前)は今春にピークを打った後、減少傾向とされています。空室率は優良ビルから今秋にも最悪期を脱すといわれていますが、最近は空室期間の長期化が懸念され、3カ月~1年以上のフリーレントを導入するケースも目立ちます。最近の円高・株安傾向など、景気の二番底も懸念され心配のタネになっています。住宅業界についても景況感に大差はないようです。

このような状況が続く中で、今後REIT市場はどうやって浮上を図っていくのか?

カギは「増資や合併」にあるともいわれています。公募増資で資金調達を行い物件を取得して分配金を上げる、もしくは、吸収合併のM&A戦略で会社ごと物件を取得する、この二つの方法です。

やはり、財務体質の強固な大手REITへの期待が高まります。もちろん、吸収するREITの資産の質にもよるでしょうが、優良なREITやスポンサー企業が買い手となれば、REIT業界の健全性と資金調達力が高まり、投資口価格の上昇をもたらす。それが増資余力を高め投資口価格が一段と上がる、そうした好循環にもっていけるかどうかが市場復活のカギを握っているのかもしれません。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/78-cf51aeb6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。