スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/81-0821e60b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >J-REIT投資 >>Jリート投資、市場低迷で投資チャンス?

Jリート投資、市場低迷で投資チャンス?

J-REIT(上場不動産投資信託)は、世界的不況や不動産市況の低迷から市場も冷え込んだ状態が続いています。

リーマン・ショック以降の景気悪化で、不動産賃料の下落やオフィス空室率が上昇。また銀行が不動産関連融資を控えているため、資金繰りに窮している状況が続いたままです。

Jリート市場は、東証REIT指数(2003年=1000)が2009年11月27日に814.88ポイントをつけて安値を記録。11月下旬にはマンション分譲大手の穴吹工務店の経営破たんやドバイ・ショックで株式市場も急落し、Jリート市場もそれに引きずられた格好です。

海外の主要国のREIT市場は09年3月を底に大幅な回復基調にあり、Jリートだけが出遅れている感があります。海外では、増資による資金調達が活発で、増資で生じる利益の希薄化よりも今後の成長性が評価されているようです。

スポンサードリンク
10月には「日本アコモデーションファンド投資法人」と「ケネディクス不動産投資法人」が、Jリートとしては1年3カ月ぶりの公募増資を発表、久しぶりに投資家の注目を集めました。11月には、「ジャパンリアルエステイト投資法人」と「野村不動産レジデンシャル投資法人」が続いたことで、停滞していたJリート市場も再び動き出した感があります。

増資によって調達した資金は、新たな投資物件を追加購入するのに使われるので、リートの成長要因として市場の評価は高まるかもしれません。

デフレ時に起こる賃料や稼働率の下落がJリートの成長を妨げる心配もありますが、デフレ時でもそれほど賃料は下がらないため、かえってJリートはリスク・ヘッジに向いている、との見方もできます。

長期保有を前提にすれば、買った価格によってその後の配当利回りが決まってきます。投資口価格(株価に相当)が下がれば利回りが上がるので、銘柄によってはむしろ投資のチャンスといえるかもしれません。

尚、投資についてはくれぐれも自己責任でお願いします。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/81-0821e60b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。