スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >「大家さん」入門 >>賢く得する「マンション管理」

賢く得する「マンション管理」

中古アパート・マンションなどを購入する場合に、よく「管理を買え」という言い方がされます。

中古物件では、特に年数が経てば経つほど管理による違いで「差」がつきます。

つまり、不動産投資では、投資物件を選ぶ場合はもちろん、入居者募集などの「アパート経営」を考えるうえでも、物件の「管理状態」が非常に重要になってきます。

きれいに掃除された廊下や手入れされた植栽など、きちんと手入れされた建物や敷地は管理の質をあらわしています。

また、マンションの管理は目に見える部分だけではありません。管理組合の運営や長期修繕計画の有無など、目に見えない部分も非常に重要です。

スポンサードリンク
管理状態がよいとマンションが長持ちしますし、当然、資産価値も高くなり、物件を売りたい時にも高く売れるということになります。入居者募集など「アパート経営」の競争力という点でも有利なのは言うまでもありません。

「マンション管理」は地味で目立たない存在かもしれませんが、ちょっとした意識やポイントでアパート・マンション経営に少なからず影響を与えます。

景気低迷や人口減少など、アパート・マンション経営にとっても厳しい格差社会。

大家さんにとっても、これからの時代は特に、すべてを管理会社や人任せにするのではなく、定期的なチェックを自分の目で見て判断することも必要かもしれません。

中古アパート・マンション投資に際しては、見た目のきれいさだけではなく、管理組合の運営状況や管理費・修繕積立金の積立状況など、目に見えない部分にも気をつけ、所有物件の「管理状態」についても日頃から気をつけておきましょう。


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。