スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/86-16778780

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資ニュース >>賃貸オフィスビル空室率が過去最高

賃貸オフィスビル空室率が過去最高

米国の商業用不動産市場の低迷も深刻ですが、日本でも賃貸オフィス空室率が過去最高になっているようです。

<東京都心の賃貸オフィスビル空室率が過去最高になった。オフィス仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が11日まとめた2月末の都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の空室率(解約予告を含む)は8.66%と前月比0.41ポイント上昇した。六本木ヒルズなど大型ビルの開業でオフィスの供給過剰が「2003年問題」といわれた03年8月を6年半ぶりに上回った。(3月12日付日本経済新聞より一部抜粋)>

03年のオフィス空室率上昇は供給過剰が原因だったのに比べ、現在は需要不振が空室率拡大の主な要因だとか。

スポンサードリンク
空室率上昇と共に賃料下落も進んでいるようなので、これが都心から地方へ、また賃貸住宅まで、どれほど拡大するのか?どこでいつ景気回復していくのか?一般の投資家、大家さんにとっても心配なところです。

不動産投資や大家さんにとっては、投資するタイミングや物件価格、利回りがこれまでにも増して重要な時代になってきているようです。

個人的にはこれから、これまでより有利な条件の物件が更に出回ってくんじゃないか、と思っているんですが、いつ世界的な景気や不動産市場が回復するにしても、不動産価格の下落や賃料の下落を見込んだ予測のもと、少し高めの利回り計算で保守的なアパート・マンション経営が必要なのかもしれません。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/86-16778780

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。