スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/88-d475f3f8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >不動産投資家になる準備 >>不動産投資、アセリは禁物!

不動産投資、アセリは禁物!

世界的に株式市場が回復の兆しを見せているようですが、
「不動産市場も順調に回復していくのか?」
「物件価格も底を打ち上昇に転じるのか?」
不動産投資を考えている人にとっては、難しいところです。

確かに、住宅ローン減税の拡大に加え、価格の値下げが購買意欲を刺激して、景気悪化で低迷していたマンション販売に復調の兆しが見え始め、購入申し込み数も前年同期よりも大幅に増えているようです。

米商務省が16日発表した3月の住宅着工件数は、年率換算で前月比1.6%増の62万6000戸、着工件数は2008年11月(65万5000戸)以来1年4カ月ぶりの高水準となった模様。

スポンサードリンク
しかし、「金持ち父さん貧乏父さん」でお馴染みのロバート・キヨサキ氏は、そのコラムの中で、
<マイホームをATM機のように使って現金を引き出す時代は、すでに終わっている。小売業や小売店舗を扱う不動産業者にとっても厳しい時期だ。大型ショッピングセンターは四苦八苦している。商店街も、商店の永久閉店が相次ぎ、空き店舗は増える一方だ。こうしたことはいずれ、オフィスや倉庫、その他の商業用不動産物件の暴落を引き起こすことになるだろう。>

<前半の暴風雨の主な原因は、サブプライム(信用力が著しく低い)の住宅ローンが焦げ付いたことだった。これから起こる後半の暴風雨は、もっと信用力の高い持ち家の所有者たちをも襲うだろう。問題は、彼らが嵐を乗り切ることができるかということだ。次に抵当流れになる物件は、マクドナルドのハンバーガーのように量産された邸宅、いわゆる「マックマンション」だろうか。>
と書いています。

日本でも、商店街の閉店が相次ぎ、空き店舗は増える一方、オフィスや倉庫、その他の商業用不動産物件についても、深刻な状態が続いています。

以前では売り物件が少ない場所で「好条件・希少物件」の売却話が増えてきているのも事実です。

「景気は底を打って回復にむかいつつある」というのは一部だけで、まだまだ不況は続いている、むしろ、経済は悪化方向で「不況の本番はこれから」という可能性も否定できません。

いずれにしろ、不動産投資を考えるなら「今が買い時」という言葉に惑わされず、最低でも「空室リスク」に注意しながら、厳しく「利回り」を想定して物件を探すことが必要な時代なのかもしれません。

アセリは禁物です!


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fudou3104.blog23.fc2.com/tb.php/88-d475f3f8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。