スポンサードリンク


「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「0」から始める超不動産投資入門!サイトトップ >アパート・マンションの防災・防犯 >>投資用不動産、1階部分の防犯と空室対策

投資用不動産、1階部分の防犯と空室対策

不動産投資を始め実際「大家さん」になってみて、投資物件の1階部分の防犯と空室対策について悩んでいる人もいるんじゃないかと思います。

共同住宅の1階居室は、「容易に侵入されやすい」といったイメージがあってか、防犯上の理由から空室になる場合も少なくありません。

逆に「防犯対策をしている」というアピールを周囲や入居者へすることにより入居率が高まるケースもあるようです。

場所によっては、住居用物件を思い切って「店舗用や事務所」にしてみるといった手もありますが、具体的には、いったいどのような防犯対策が必要・有効なんでしょうか?


スポンサードリンク

1階に限らず、最近では玄関の扉に種類の違う錠が2つ以上設置されている「ワンドアツーロック」であることも必要になってきていますが、1階居室部分ではさらに「窓からの侵入」についての対策が必要です。

そうなると「防犯ガラス」にした方がいいようですが、やはり高価なので、「防犯フィルム」での対策も費用対効果を考えるとベターかもしれません。それだけでなく、「侵入防止対策済み」などと記載されたシールを窓ガラスに貼り付けるといったことも、そもそも泥棒が侵入を試みないといった効果があるようです。

その他にも、安価な「センサーライト」や「防犯玉砂利」などを設置するなどして、建物に近寄った人間を威嚇する対策も効果があるようです。

また、少々古くなった不動産物件でも、ドアホンを「モニター付き」のものに変えるだけで、かなりイメージアップにつながりますし、入居者の人にも安心感を与えることができます。

具体的な対策については物件ごとに違ってきますので、心配な人は専門家に相談することをおすすめします。

★コチラの記事もどうぞ!!
投資マンション、「逆ギレ」迷惑電話勧誘
「お金持ちの家」だけじゃない!空き巣被害
火災保険の「時価額」と「再調達価額」
インターネットで入る自動車保険とそのメリット!
地震保険について
火災報知器の基礎知識
防火管理の基本
住宅用火災警報器の設置義務
悪質訪問販売の基本的な対応策
相手から切らせる「セールス電話撃退法」
一人暮らしの防犯マニュアル
空き巣被害にあわないための防犯対策
マンション防犯


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。