スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸住宅フェアが兵庫初開催!

賃貸住宅フェア2012年最初は、ミニフェアとして4月24日に神戸で開催されます。

会場は神戸国際展示場コンベンションセンターで、兵庫県では初開催ということです。

これまで関西では毎年大阪での開催があり、私も行ったことがあります。

大きな目玉となるのは、賃貸住宅フェアではお馴染みの無料セミナーと不動産ビジネスに欠かせない最新の商品・サービスが集結する企業出展ブースです。

無料セミナーではいろんな専門家からのアドバイスや情報が聴けますし、ベテラン大家さんが実践している賃貸経営術を教わることが出来ます。

実際セミナーに参加してみると、講師の方のちょっとしたアドバイスやアイデア・工夫が大変参考になることがあります。

また、企業出展ブースでは最新の商品・サービスが集結するので、地元の大家さんにとってはお悩み解決や経営合理化につながるかもしれません。

→ 賃貸住宅フェアが兵庫初開催!の続きはこちら

株式・FXから不動産へ?

東日本大震災の発生からおよそ3カ月が経ち、投資家はリスク分散のために特に不動産に注目しているようです。

中でも西日本の物件を物色しているとか?

<福岡、名古屋、大阪に拠点を持つインベスターズ(本社:福岡県福岡市)には不動産投資希望者からの問い合わせが殺到している。5月の問い合わせ件数は1800件と前年同月の約20倍。人気のエリアは福岡、名古屋、大阪など西日本に集中している。
投資用物件のポータルサイトを運営する建美家(東京都港区)でも、震災の混乱が一服した5月は震災以前の2月にくらべ、西日本の物件への問い合わせ件数が増加した。特に東海地方への問い合わせは143%と大幅に伸びた。
西日本のそのほかのエリアも関西122%、九州116%と伸びをみせた。(2011年6月6日付全国賃貸住宅新聞より一部抜粋)>

→ 株式・FXから不動産へ?の続きはこちら

震災後の日本と「夢と勇気とサムマネー」

2011年3月11日の地震、それは「その前とその後で日本という国の在り方や形そのものを変えてしまった」というような言い方がされますが、まさに私たちの想像を絶するものでした。

今後も何十年単位でその影響は続いていくと思われます。

地震そのものも本当に恐ろしいですが、今回の震災では津波や原子力発電事故もさらに地震被害を拡大させています。

津波はそこに住んでいた人達の財産や生活そのものを奪い、原発事故では「その被害がどこまで・いつまで拡がってしまうのか」さえも定かではありません。

我々人間の「心」というのは理屈だけでは割り切れないものです。

→ 震災後の日本と「夢と勇気とサムマネー」の続きはこちら

「高齢者向け住宅」に関する新制度と法改正

高齢者人口の増加予測等もあり、最近特に注目を集めている「高齢者向け住宅」。

そんな中、高齢者向け住宅に関する新制度創設などの内容を盛り込んだ高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)の改正案が2月8日、閣議決定されました。高齢入居者を対象とした生活支援サービスを提供する住宅を「サービス付き高齢者向け住宅」と位置付け、登録制度が創設されるようです。

新制度が創設されれば、高円賃・高専賃・高優賃などの制度が廃止され、有料老人ホーム等と事実上制度が一本化されることになり、国土交通省・厚生労働省、両省共管の制度となります。

→ 「高齢者向け住宅」に関する新制度と法改正の続きはこちら

投資用不動産、1階部分の防犯と空室対策

不動産投資を始め実際「大家さん」になってみて、投資物件の1階部分の防犯と空室対策について悩んでいる人もいるんじゃないかと思います。

共同住宅の1階居室は、「容易に侵入されやすい」といったイメージがあってか、防犯上の理由から空室になる場合も少なくありません。

逆に「防犯対策をしている」というアピールを周囲や入居者へすることにより入居率が高まるケースもあるようです。

場所によっては、住居用物件を思い切って「店舗用や事務所」にしてみるといった手もありますが、具体的には、いったいどのような防犯対策が必要・有効なんでしょうか?


→ 投資用不動産、1階部分の防犯と空室対策の続きはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。